Open post

喜友名選手金メダルで沖縄市凱旋!

 
沖縄市で祝勝セレモニー

沖縄県では、明るいニュースを次々ともたらした東京オリンピック。

沖縄県出身のオリンピアンの活躍は、たくさんの感動と希望をもたらしてくれました。

その興奮が冷めない沖縄ですが、先日の8月16日、沖縄市出身で東京オリンピック2020 空手男子「形」の部で金メダルを獲得した喜友名諒選手が沖縄市を表敬訪問しました!

今回コロナ感染症観戦対策の観点から、多くの方への周知はできませんでしたが、関係者で出迎え祝勝セレモニーとなりました。

 
 
桑江市長からの喜びの言葉!

空手発祥の地沖縄県、沖縄市出身から金メダリストが誕生しました!

本当に誇りで、素晴らしいですね!

これからの活躍も期待していると力強いお言葉をいただきました。

 
 
喜友名選手からご挨拶!
本日はこのようなセレモニーを開いていただき、市長始め皆様本当にありがとうございます。
沖縄市民の方々からの応援、市役所の方々からの激励を頂きありがとうございます。
おかげさまで無事金メダルを獲得することができました。
一年延期という形になりましたけど、数えきれないくらい沢山の方がたの支えがありました。
毎日空手漬けで心強く背中を押してもらい、家族や周りの方々にとても感謝しております。東京オリンピックという経験を、次の世代の子供達に伝えていけるよう、これからも頑張っていきたいと思いますので今後ともご指導宜しくお願い致します。

(2021年8月16日 沖縄市役所にて)

 
 
喜友名選手の人柄があふれる、気配りのスピーチに謙虚な人柄と力強さをうかがわせるスピーチでした。
 
 
応接室で記念撮影
喜友名選手には、今後の活躍への期待を込めて市から奨励金100万円も贈呈されました。おめでとうございます!
 
 

(左)小浜市議会議長 (中央左)桑江市長 (中央右)喜友名選手(右)佐久本氏

実際に思っいたより金メダルは大きく見えました。

今後の更なるご活躍を祈念いたします。

本当に金メダルおめでとうございます!


 

沖縄市でスポーツを楽しむなら

Open post

ロケinコザのあの映画、一気にご紹介☆ミニシアター情報も

連日、うだるような暑さが続いていますね。

けれど、暦の上ではもう立秋との事。
ホント?
と思うのも無理は無く、沖縄ではまだまだ真夏の盛りです。
本州では本土の地域がお盆に入ります。早い所では、秋の風が吹いているのかもしれないですね。

ところで、この状況なのでなかなか涼を求めてあちこちに移動するのも厳しいご時世。
手っ取り早く、トリップするのによい方法はおうちにあります。

映画を見る!

です。映画の中では、世界中どこにでも行けますもんね。

沖縄市になかなか来ることのできない今ですので、映画の中で「沖縄市」を感じてみましょう!

沖縄市ロケの映画をご紹介!

★今回は以前インタビューにお答えしてくれた“沖縄市KOZAフィルムオフィス”が携わった映画から紹介です! 今回は『映画』篇! 一体どのような映画に携わっているのでしょう?


①『涙そうそう』

2006年に公開された映画。主演を妻夫木聡・長澤まさみが務める。
~あらすじ~
・両親の再婚後、義理の兄妹となった 洋太郎 と カオル 。しかし、幼い頃に父は失踪、母は他界…。離島の祖母に預けられた二人はやがて本島で二人暮らしを始めることに。その後、二人を待ち受けるのは…。

『涙そうそう』では中央パークアベニューや、SIDEWAYS・HIDEAWAYなどがロケ地として活用されています!

予告編はコチラ→https://www.youtube.com/watch?v=N6IFOetc0N0


②『小さな恋のうた』

2019年に公開された映画。メインキャストを佐野勇人・山田杏奈・森永悠希・眞栄田郷敦・鈴木仁・トミコクレア・世良公則が務める。
~あらすじ~
・プロへの道が開きかけた高校生バンド。しかしそのさなか、作曲を担当するギター 慎司 が交通事故に遭ってしまう。慎司の妹 舞 は兄のパソコンからバンド仲間にも共有していない一つの楽曲を発見する。Vo.の亮多、Drs.の航太郎、兄のギター・楽曲と共に、兄のなしえなかった想いを届けるため、バンドの刻が今動き出す…!!

『小さな恋のうた』では、ゲート通りや、ゲート通り沿いのお店“スナック喫茶プリンス”・“上間てんぷら店”などで撮影が行われました。また、パークアベニュー沿いにあるお宅でも撮影が行われ、劇中で中央パークアベニューを上から観ることもできます。

予告編はコチラ→https://www.youtube.com/watch?v=roX3D2jLfEA&t=1s
メイキングはコチラ→https://www.youtube.com/watch?v=9Z26VGAh8Ds&t=2s


③『天の茶助』

2015年に公開された映画。主演を松山ケンイチ・大野いとが務める。
ORANGE RANGEのRYOが映画初出演を果たしたことでも話題になった作品。
~あらすじ~
・人生の物語を書く天界の脚本家たち。そんな脚本家たちの茶番頭を務める 茶助 は下界の人間 ユリ に恋にも似た感情を抱く。そんな中、とある不用意な茶助の発言からユリが死去する運命へと脚本されてしまう。彼女の死を防ぐため、茶助は下界へと降り立つことに。果たして茶助はユリを救うことができるのか…?

『天の茶助』ではClub QUEENや銀天街・一番街・パルミラ通りなどで撮影が行われました。劇中では一番街や天蓋を備える銀天街の通路がふんだんに活用されています。余談ですが、ゲート通りにあるパン屋さん“zazou”は大野いとさんのオススメのパン屋さんだったりします:)

予告編はコチラ→https://www.youtube.com/watch?v=f9_Gmj4G7BI


④『エイサーどんどん』

2021年に沖縄で公開された映画。メインキャストを小波津正光・嘉人・沖直未・宮城夏鈴・クリス(ありんくりん)・MICHI・赤嶺かなえ・神田青・ひがりゅうた(ありんくりん)が務める。
~あらすじ~
家を捨てて沖縄を出ていったバカ息子 ハナオ が実家のタコス屋を継ぎたいと突然現れる。しかし、いつまでも中途半端なハナオを『ぽってかすーが!』と認められない母 ハルコ 。そんな中、昔所属していた青年会が復活し、加入しないかと誘われるハナオ。はたしてハナオはエイサーをやり遂げることができるのか…?

『エイサーどんどん』は沖縄全島エイサー祭り65周年を記念して作成された映画であり、エイサーを通して家族・仲間が成長していくさまを描写します。Café OCEANやごーやー荘、中央・胡屋路地など、沖縄市内のあらゆる場所で撮影が行われました。
8/31までYouTubeにて公開しております故、是非ご覧ください!

予告編はコチラ→https://www.youtube.com/watch?v=jZGJtGayww0
本編(8/31迄)はコチラ→https://www.youtube.com/watch?v=H_9Aym4iNrY&t=335s


⑤『ミラクルシティコザ』

2022年春に公開(沖縄:1/21先行公開予定、全国:2/4公開予定)を控える映画。メインキャストを桐谷健太・大城優紀・津波竜斗・小池美津弘が務める。
~あらすじ~
1970年代、ロックスターとして名を轟かせたバンドメンバーは現代では頼りのないおじぃに。そんな中、バンドメンバーの一人である ハル は交通事故で亡くなってしまう。しかし、ハルは「やり残したことがある」と孫である 翔太 の身体に入り込み、翔太の魂は弾き出されてしまう。目を覚ました翔太の魂は1970年代ハルの身体へタイムスリップしてしまい…!?

『ミラクルシティコザ』はコザを舞台に描かれた脚本であり、撮影もコザの各所で行われました。現時点ではロケ地情報をご紹介することは出来ませんが。今後の情報や公開を楽しみにして頂けると幸いです!

予告編はコチラ→https://www.youtube.com/watch?v=Sd_VPLIwCZI


ミニシアターでカフェのように映画館を楽しむ

沖縄市で映画を楽しむスポットをご紹介します。

話題のミニシアターをご存知ですか?映画好きの方は既にチェック済みかと思いますが、沖縄市にはミニシアターが2つあります。
どちらも、オシャレなCafeのような雰囲気でデートスポットにもおススメ。

県外の方は、ぜひ次の沖縄旅行のプランの中に入れててくださいね。

お茶しに行く感じで、コザで映画をみませんか?


 

シネマプラザハウス1954 at プラザハウス・ショッピングセンター

実は、プラザハウスの中に映画館がある事知っていましたか?
3階の催事場だった場所、あの安室奈美恵さんの「namie amuro Final Space」(引退展)を行っていた場所、と言えばピンと来る方も多いかも。この展示会が終わった後、リニューアル工事後沖縄市初のスターシアターズ系の映画館としてオープンしました。

こちらでの上映は単館系の映画が中心です。名画座のような雰囲気で、プラザハウスのレガシーな雰囲気とピッタリですよね。小さいながらも音響にもこだわっており、2スクリーンあります。
映画の後にはショッピングをしたり、食事をしたり楽しめるのも嬉しい。一日たっぷりたのしめますよ。

CINEMA PLAZA HOUSE 1954
https://plazahouse.net/shop/data/10365

 

住 所:沖縄県沖縄市久保田3丁目11−1 プラザハウスショッピングセンタ 3階
時 間:10:00~20:00(最終上映時間による)
電 話:098-987-8170
定休日:8/13(金) 10:00 OPEN
8/14(土)~8/15(日) 休業
8/16(月)~8/19(木) 10:00 OPEN
※お出かけの際は念のためご確認ください

上映スケジュールはこちら
https://www.startheaters.jp/cinemaplazahouse/

FB:https://www.facebook.com/PlazahouseSC

静かにテンションが上がる回廊。おしゃれすぎて悶えそうです


シアタードーナツ・オキナワ

「街に映画館がないのは淋しい!」
と、沖縄市の情報番組「コザの裏側」でメインMC
MCをつとめる宮島真一さんがオープンさせた、街なかのミニシアター。

こちらでの上映も単館系の映画が中心です。ドキュメンタリー系の映画が多く、また再上映などもあるので見逃していた作品がまた上映される可能性も。スクリーンは2つ。ただし、客席が独特で背の高いスツールや、リラックスソファなど、映画館というよりはカフェでくつろいでいるような雰囲気です。
映画の後には、まち中でショッピングをしたり、食事をしたり楽しめます。シネマプラザハウスとハシゴしたり、シアタードーナツのカフェスペースで見た映画の余韻に浸るのもありですね。駐車場は1時間100円のコザミュージックタウンが一番近くです。

Theater Donut OKINAWA
上映スケジュールもこちら
https://theater-donut.com/

 

住 所:沖縄市中央1-3-17(沖縄市胡屋バス停前)
時 間:10:30 〜 最終上映が終わり次第
電 話:070-5401-1072
定休日:年中無休 ※ 年末年始を除く。

FB:https://www.facebook.com/theater.donut


映画のパンフレットなども充実。座っているだけで主人公になれそう☆


週末は、映画の世界に旅に出かけてみるのはいかがですか?

今回は、沖縄市KOZAフィルムオフィスから、沖縄市で撮影された映画5選と沖縄市内のミニシアターの紹介でした。

HAVE A NICE MOVIE WEEKEND!


次回のテーマは沖縄市内のテーマパーク!

沖縄こどもの国ヒストリーをお届けです。

皆さんお楽しみに!!

Open post

チバリヨ―!喜友名諒選手、上与那原寛和選手!沖縄市パワーでメダルを!

オリンピックが開催中ですね!

今回はオリンピックに関する内容です。

連日、様々な競技が繰り広げられているオリンピック。
これまでは現地の開催時間に合わせて観戦していたのが、完全に日本の時間で見ることができるため改めて自国での開催を実感するところです。

そして、日本の選手たちのメダル獲得のニュースは、こういう状況の中で明るい話題となっています。
おそらく、他の国でもそうではないかと思います。そういう意味でも、今回はこの厳しい中でのオリンピック開催は意味があるなと感じるところです。

5月のGWには、本来なら聖火リレーが市内を駆け抜ける予定でした。
現在、沖縄市役所のロビーにて聖火リレーのトーチとランナーが着用していたユニフォームが展示されています。

さて、たくさんいるオリンピアンの中でも沖縄からは注目の選手が。

沖縄市からは空手で喜友名諒選手とパラリンピック上与那原寛和選手が出場という事で、沖縄市役所の前には応援の横断幕が掲げられています。

広報おきなわ2021年8月号表紙

https://www.city.okinawa.okinawa.jp/kouhou/

東京2020

喜友名 諒選手(空手)

地元の大里公民館で子供たちに指導しながら、ご自身も3652日練習を重ねる日々だと聞いたこともあります。空手を極めるために生まれてきたような選手ですよね。

試合日は、本日です!

・8月5日  10時  ~ 形男子予選ラウンド、同ランキングラウンド
19時半 ~ 型男子3位決定戦、決勝

上与那原 寛和選手(陸上)

また、パラリンピックでは上与那原寛和選手が出場となります。
上与那原選手は初出場だった北京パラリンピックマラソン(T52)で銀メダルを獲得した後、中短距離に種目転向。 その後もトップレベルで活躍を続け、4大会連続のパラリンピック出場です。

競技日はこちら
・8月27日 9時半~ 男子400メートル(車いすT52)予選
19時~ 男子400メートル(車いすT52)決勝

・8月28日 19時~ 男子1500メートル(車いすT51、T52)予選

・8月29日 19時~ 男子1500メートル(車いすT51、T52)決勝

沖縄市は、応援で盛り上がっています。
当協会でも、空手演武の時間には情報収集しながら皆、仕事をしていました!


そして、実は沖縄市では男子バレーボールのフランス代表の事前合宿の受け入れをしていました。
そして市民の皆さん向けに、練習で使用したボールに選手たちのサインを入れて抽選でプレゼントなども実施しています(応募と抽選は終了しています)


続きはこちら→https://www.city.okinawa.okinawa.jp/userfiles/oki005/files/POV-202108/4-6.pdf


オリンピックの開催の年で、今回から始まった競技のスケートボードが日本勢もすごい活躍で、これまでストリートで趣味で楽しんでいるスポーツと思われていたいわゆる「アーバンスポーツ」が一気に注目が集まりました。

東京2020 有明アーバンスポーツパーク
https://olympics.com/tokyo-2020/ja/venues/ariake-urban-sports-park

実は、沖縄市にもまち中でスケートボードの練習ができる場所がオープンしており、スケボーを楽しんでいる方達から注目のショップがあります。

KOZA SK8 Ramp
SKATE CLUB ORION

https://skate-club-orion.business.site/

インスタブラム @orionskateclub
https://www.instagram.com/orionskateclub/?hl=ja

何と中央パークアベニューに空き店舗を利用し改装して、スケボーの練習ができるのです。
※現在は緊急事態宣言中の為、臨時休業中です

将来、ここから日本を代表する選手が誕生するかもしれないですね!

そして、なんとコザ運動公園内にもスケートボードのエリアが2020年からオープンしています!

KOZAPA!沖縄市コザ運動公園
スケートボード&BMXエリアオープン

https://www.kozapa-osi.jp/news/detail.php?id=58
※現在は緊急事態宣言中の為、臨時休業中です

沖縄市内も、胡屋のショッピングエリアで撮影されたスケートボードのカッコイイ動画も紹介します。


※この動画は、撮影許可を取っています。

スポーツコンベンションシティを掲げている沖縄市。
これまであまりスポーツに興味の無かった方達が、オリンピックをきっかけに沖縄市・コザにも注目してくれることを期待しています!

皆さんも、
連休はおうちで沖縄市

外出を控えて早めの終息をめざしましょう!


次の旅の予定はここで
https://www.kozaweb.jp/
KOZAWEBで沖縄市

おうちで沖縄市がはかどる動画

【コザの裏側!?】
https://www.youtube.com/channel/UClVp3gobolErukgxhsR4nkw/videos

Open post

沖縄市ひんやりスイーツVol.2<泡瀬地区>

お待たせしました!

ひんやりスイーツ第2弾。
今回は<泡瀬地区>の紹介です。

オシャレなお店が並ぶ海岸沿いとまち中にあるお店などを紹介します。

 


便利な郊外地区泡瀬

 

泡瀬地区は、戦後すぐに泡瀬飛行場や通信隊などがありホワイトビーチからも通勤圏という事でいわゆる外人住宅も多く、実は基地とのかかわりの深い地区でもあります。

500の海兵隊飛行機の受入に向けて整備された泡瀬飛行場1945年7月31日/写真:沖縄県公文書館所蔵「写真が語る沖縄」アーカイブより

戦前は、漁港があることと干潟のクチャ、そして塩田もあり港町として現在の越来(コザ)地域よりにぎわいがありました。

交通機関が船と馬車、そして軽便鉄道の駅があったという事もあり、そのにぎわいは容易に想像ができます。

戦後は、飛行場などが復帰後1977年に通信隊を除き返還されてからは、目覚ましく発展してきた地区です。

泡瀬地区は隣接する古謝や与儀などの集落が、昔ながらの風景を残しており沖縄市の中でものんびりとした懐かしい景色を感じることができる地区でもあります。

そんな泡瀬地区で人気のお店4店舗を紹介します。

※8月31日まで緊急事態宣言延長となっております。時短営業、臨時休業がある場合があります。


 
やっぱり夏は沖縄の氷ぜんざい

加奈ちゃん

まさに沖縄のぜんざいと軽食のお店、加奈ちゃん。
何十年も地域の人に愛され続ける老舗です。一見は普通なぜんざいですが、 山盛りで豆がたっぷりが入っていて、驚くほどの大きさです。
氷は口に入ったらフワッと解け、ぜんざいと相性がバツグン。大きなな白玉も好きな人にはたまりません。汗をかいたら塩分、甘味の補給に!


店舗の外観

白玉とフワフワなかき氷~

【加奈ちゃん】

場所  沖縄県沖縄市泡瀬6-7-1
電話  098-932-7895
営業時間 11:00-18:00
定休日 月曜日定休
テイクアウトOK

 


 

米八そば

米八そばと言えば、この氷アートのぜんざいが人気!食べるのがもったいない~ぜんざいです。
そば屋さんですが、まるで芸術品のような「創作ぜんざい」で有名。この形は、コウノトリ二羽、店主の髪型(!?)、馬などの形もあるそうです。
シャキシャキの氷と、麦、田芋、白玉、小豆それぞれの食感が交えて、絶妙のハーモニーを楽しめます。


店舗の外観

こちらは田芋入りぜんざい

【米八そば】

場所  沖縄県沖縄市泡瀬5-29-6
電話番号 098-938-3266
営業時間 11:00-15:00
定休日 木曜日定休(8月22日まで臨時休業中)
※駐車場あり テイクアウトOK

米八そば公式サイト

 


 
パフェにシェイクにおしゃれが止まらない

JET SWEETS

2020年11月にオープンした沖縄初のパフェ専門店。しかも、朝7時からオープンしているので、モーニングしながら朝スイーツが楽しめるお店です。大人気店で週末は予約必須!
それもそのはず、真っ白なインテリアから見える海辺を眺めていると外国にいるような錯覚してしまうような雰囲気は、海外旅行気分まで味わえます。パフェの種類はキッズメニューを含めて4種類。今なら、期間限定のシークワサーパフェが断然おススメ!シャーベットと柚子のジェリー、そしてフローズンマスカットが全部食べれたらご褒美のように一番下にあるんです。そして、12時までに注文していればプラス99円でモーニングセットが付けられます!99円!衝撃&嬉しい。


期間限定シークワサーパフェ!さっぱりしてます

プラス99円のモーニングセット

【JET SWEETS】

場所 沖縄市泡瀬3-47-1 2F
電話 070-8401-1573
営業時間 7:00〜21:00 無くなり次第終了
1日100食限定
※駐車場 建物下右側3台
ご予約は電話にて平日のみ予約可
※8:00-15:00の間で予約受付してます。
Instagram @Jet_sweets

 


 

BB. Coffee

こちらはオープンして5年目を迎えるBB.Coffee(ビービーコーヒー)
すっかり泡瀬海岸地域の顔になりました!
こだわりのコーヒーやカフェラテはめちゃめちゃ大人気ですが、ここにもとっておきのひんやりスイーツがあるんです。「チョコミントシェイク」が夏季限定で販売中!実はコーヒーは苦手…という方にもペロッと楽しめますね!
朝11時までにオーダーするとモーニングセットを無料で頼めます。衝撃&嬉しい2!もちろん、こちらのチョコミントにも付きますよ。


店舗外観。泡瀬の防波堤沿い

チョコミントとモーニングセット

【BB. Coffee】

場所 沖縄市泡瀬3-12-12
電話 098-989-7212
営業時間 07:00-17:00
定休日 水曜日
※駐車場 店舗前のみ5台
Instagram @bbcoffee_okinawa
Facebook https://www.facebook.com/bbcoffee.ohc

 


どれも人気店ばかりで、どこに行こうか迷っちゃいますね。
写真もたくさん写したので、いっぱいアップしたかったのですが、厳選しました。

以上、今回は泡瀬地区のひんやりスイーツのご紹介でした!

 


来週の沖縄市What!は、
スポーツの話題をお届けする予定です
お楽しみに!

Open post

沖縄を駆け抜けた~聖火リレー1964

皆さん!オリンピックが開催中ですね。

日本での開催で嬉しい事はやはり、日本勢のコンディションが整えやすいという事と、なんといっても競技時間が日本時間なのでテレビも見やすく有難いですね。

県出身のオリンピアン達も大活躍中でウチナーンチュとしては、応援にも熱がこもります!

琉球新報DIGITAL

>>沖縄関係選手一覧とニュース
https://ryukyushimpo.jp/special/Tokyo_olympic_games.html

沖縄タイムス+プラス

>【東京五輪】沖縄出身選手の最新ニュース
https://www.okinawatimes.co.jp/subcategory/東京五輪の沖縄出身選手

沖縄県内の新聞社2紙とも、県出身選手の最新情報を特集ページを作って更新中です!

こういうページがあるとありがたいですね~。

ところで、1964年に日本で開催された際は、沖縄は米軍統治下時代。まだ、日本には復帰していないのですが、この時の聖火リレーは沖縄まで来たでしょうか?

沖縄県公文書図書館のアーカイブでバッチリ知ることができます

1964年 沖縄をかけぬけた聖火リレー

1964年 沖縄をかけぬけた聖火リレー

1964年、オリンピック東京大会の聖火は、8月21日にオリンピアで採火され、アジア地域11カ国を渡りながら9月7日に沖縄へ到着。ただし、台風のため香港で足止めとなり、予定より1日遅れての到着となりました。
沖縄からスタートし、日本全国を4つのコースに分かれてリレー。10月7~9日に東京都庁に到着しました。

何と!
沖縄から聖火リレーがスタートしていたんですね!

沖縄は南の玄関口。香港から一番近い日本の入り口は確かに沖縄。。。まだ日本に復帰していないとはいえ、日本の一部としっかりと示されたのは沖縄県民も誇らしい気持ちだったかと思います。

当時の聖火リレーを見たことがある6,70代の方が言うには、聖火リレーの走者が走っていくだけだったがお祭りのようなにぎわいで、沿道の建物には、見物する人たちが屋根や庇に座りすごかったとのことでした。

写真:沖縄県公文書館 >写真が語る沖縄のアーカイブより>1964年9月8日撮影聖火リレー中城~石川~金城~コザ

今年は、沖縄でも無観客での聖火リレーとなり沿道での応援ができませんでしたが、本来であればこのにぎわい以上の盛り上がりだったのかと想像すると残念な気持ちではありますが、公文書館にはたくさんの写真がありましたのでお時間のある方は検索されてみてください。

さて、沖縄市になんと東京オリンピックにちなんだ?記念したレリーフがあるのをご存知でしょうか?
先日Twitterで紹介した所、意外と反応がありましたが

「知ってる!」
というリプライはなし。。。

実は、置かれている場所が個人の敷地なのか、公道になるのか微妙なところだったので、周辺の写真は載せていませんが何とも不思議なレリーフ。

こちらです↓

Twitterがうまく表示できない方はこちらへ
@OkinawaCityKoza 午後4:36 · 2021年7月23日の投稿

もし、詳細を知っている方がいましたらTwitterの方でコメントしてもらえると嬉しいです。

しばらく続くオリンピック東京大会2020。
無事にパラリンピックまで開催できるよう、選手の皆さんを応援しましょう!

Posts navigation

1 2 3 4
Scroll to top